不人気業種必見の採用アイデア

多様性

不人気業種必見の採用アイデア

こんにちは。

エンドラインCEOの山本啓一です。

 

3月1日より採用活動が解禁になりましたね。

これから合説や面接が忙しくなる時期です。

 

さて、いきなり耳の痛い話です。

1年前のデータですが、2019年卒学生が

就職したくない業種1位は何だと思いますか?

リスクモンスターの調べによると

「就職したくない業種」

1位:「小売・外食」(23.2%)、

2位:「金融・法人サービス」(11.6%)、

3位:「運輸・物流」(9.6%)

となりました。

 

 

長時間労働や給与が反映されたのだと思います。

しかし、小売りも外食も運輸も、日常生活に必要な仕事ばかりです。

 

ネットで商品を依頼しても翌日にしか届かないです。

「すぐにモノが欲しい」という場合、小売りがないと困りますね。

更に、運輸が破たんするとネットで商品を購入しても、物を届ける事ができません。

 

そういう現状を見ると、合説ブース装飾アドバイザーとして

なんとかお役にたてないものか。と考えています。

 

さて、人気がある業種様も不人気な業種様も

今の学生が働くことにどのような事を求めていると思いますか?

私の最近おきた、ちょっとした体験と共にお伝えします。

 

【私のちょっとした体験】

先日私の息子が、小学校の授業で一風堂という

有名ラーメンチェーンで「ラーメンを作る」という

職業体験のような授業を受けました。

 

息子はそれまでラーメンに興味がなかったのですが、

その授業以降「ラーメンって凄いんだよ」「ラーメン食べたい」

と言うようになりました。

 

これって、とても大切なことだと思いませんか?

 

小学生にラーメン作りの魂を教える、子どもに体験を積ませる事で

社会貢献になっています。

しかも小学校の授業になっているわけです。

 

どの会社でも取り組めることではありませんが、

飲食や小売店ですと、お店があるので

この様な事は可能だと思います。

【社会貢献を前面に出す】

現在の学生は、モノやお金より「貢献」を求めています。

 

マズローの5段階欲求でいう(※自分コンパスから引用)

自己実現の欲求ですね。

 

先程のケーススタディで言うと

『子どもや学生を巻き込んで、社会貢献活動を行い、

それを合説や採用でアピールする』と良いと思います。

 

何か小さなことから「やってみる」という事が大切ですね。

 

社会への貢献性が見えると、どんな業種様でも人が集まるのではないでしょうか?

今後の人財採用は顧客開拓と同じくらいリソースを割いて行かなければいけません。

新たな挑戦をし、良い人財を獲得していきましょう!

 



お気軽にお問い合わせください

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)