好印象面接の鍵

好印象面接の鍵となる要素

就職活動における面接は、学生と企業の双方にとって一大イベントです。

 

面接を通じて、企業は候補者の能力や人柄を把握し、一方で学生は自己分析やキャリア観の見直しを行う貴重な機会となります。そして、その中でも、学生が好印象を受ける面接とは一体どのようなものでしょうか?エンドラインでは、学生の声を元に、そのポイントを探ってみました。

 

 

学生に「あなたが好印象を受けた面接はどのようなものでしたか?」と尋ねたところ、個人面接での印象について述べてくれました。面接官が複数人いても、それぞれが質問をしてくれたことが大きなポイントでした。初めは緊張していましたが、次第にリラックスして話せるようになり、特に印象的だったのは「なぜあなたは今のような人間になったのか?」という質問でした。これまでの経験や成長のきっかけを振り返ることで、自己分析が深まり、自分自身を客観的に見つめ直す機会となりました。また、面接官からの適切なアドバイスもあり、自身の強みや課題に気づくことができました。

 

面接

このような面接は、学生が自己理解を深め、新たな気づきを得ることができる素晴らしい機会です。さらに、企業側も候補者の真の姿を見極めることができるため、双方にとってWin-Winの関係が築けると感じました。

 

 

当社では、1次面接が社長面接となっており、いきなり社長と話すという状況がうまれます。

しかし、和やかな雰囲気を作り出し、笑顔で話を進めるように努めています。その結果、緊張がほぐれ、自然な会話が生まれます。このような配慮を行って、学生も自分らしさを発揮できる雰囲気を作っています。

 

面接の目的は、会社の価値観と求職者の価値観の摺合せです。お互いが本当の姿で話し合わないと、ミスマッチが起こりかねません。圧迫面接などはもってのほかであり、双方がリラックスしてコミュニケーションを取れる環境が整えられることが重要です。

圧迫面接

 

今後も、学生と企業がより良いコミュニケーションを取れるような面接を提供していきたいと考えています。是非、自社でしかできない面接を通じて、新たな出会いや発見が生まれることを期待しています。