コロナ禍での採用戦略3つのツボ

コロナ禍での採用戦略3つのツボのトップ

コロナ禍での採用戦略3つのツボ

2020年10月現在、コロナ禍になり8か月。ビジネスを取り巻く環境はガラッと変わりましたね。

採用関連も同じで、リアルからネットへ一気にシフトしました。

その中で20年の採用シーンを振り返ってみようと思います。
今回は「コロナ禍での採用戦略3つのツボ」です。

ネット化

 

1.求職者に対してメッセージを変える

2020年(令和2年)7月の有効求人倍率(季節調整値)は、なんと1.08倍です。
だんだんと就職が厳しくなってきました。

ただし企業にとっては、悪い事ばかりでもなく、優秀でやる気のある人材が獲得できます。
そのような人材に向けて、今までの生ぬるい求職者向けメッセージを変えてみましょう。

弊社の事例で言えば、コロナ前とコロナ禍では以下のようにメッセージを変えました。

コロナ前→楽しく働きましょう。人の縁を大事にする会社です。
コロナ禍→ガリガリめちゃくちゃ成長したい人募集

変えた理由は、私自身がコロナ禍において価値観が変わった(厳密に言うと戻った)ので、
このようなメッセージになりました。

つまり、もっともっとガリガリやっていくぞ!という事です。

これにちょっとひいてしまう人は、当社に応募しません。
線引き

なので最初からスクリーニング出来ているわけです。

今までの様に、「やってもやらなくても同じ」の世界はどこかに吹き飛びました。
やらなければ、企業も個人も生き残っていく事は出来ないのです。

大きなパラダイムシフトが起きている中で、企業は採用メッセージを
「思いっきり」変える必要があるでしょう。

 

2.オンラインでも通用する伝え方を習得する

合説もオンラインが主流になってきました。
しかし、オンラインで人の話を聞くのはきついですよね。もって30分でしょうか。

なので、話し手である「社長」「役員」「人事部」の方の見せ方が大事になります。

まずは、トークがうまくなる必要があります。
一番はYouTuberの話し方から学ぶのがいいでしょう。

YouTube

1つだけ言うならば、オンラインでは「ゆっくり話さない」事です。
売れてるYouTuberは軒並み早口です。

オンラインでゆっくり話されると、離脱を招きます。
ここだけは気を付けてくださいね。

あと、もう一つ。

トーク以上にもっと大切な事があります。

それは合同説明会・単独説明会の企画内容に関してです。
今まで通り、「業界」「自社の歴史」「福利厚生」「先輩社員の声」「1日の流れ」
など淡々と話していては、求職者は寝ると思います。

求職者が興味のある仕掛けをしましょう。

例えば、「自社の歴史」を語るにも「紙芝居風」でやるとか「漫画で見せる」
など趣向を凝らす事です。

「先輩社員の声」だって、良いところだけではなく、悪いところも話し、全て曝け出す。
「1日の流れ」も「昼ごはんの内容」とか、「いつも行くコンビニ」などお話すると
親近感が湧いて面白くなるでしょう。

 

3.最後はリアルにこだわる

そして、最後はなんだかんだで「リアル」にこだわってほしいと思います。
面接までオンラインでやっている会社がありますが、必ずミスマッチを起こします。

最後は『人と人が触れ合う・お互いが感じる空気』が大事です。
面接

面接は、細かいしぐさや表情から読み取れる事がたくさんあります。
求職者にとっても、オンラインだけだと働くイメージが見えないと思います。

必ず「接近戦」で求職者を見極めましょう。
特に中小・ベンチャー企業は家族的な雰囲気もあるので、「リアル」をお勧めします。

 

4.まとめ

以上「コロナ禍での採用戦略3つのツボ」をお話ししました。
「求職者に対してメッセージを変える」では、大胆に刺さるメッセージに変えてください。

「オンラインでも通用する伝え方を習得する」は、
話し方と企画内容をブラッシュアップしてください。

話し方はYouTuberから学び、早口で。企画は面白く興味が出るものにしましょう。
つまらない話し方と、つまらない企画ではそっぽ向かれます。

「最後はリアルにこだわる」では、面接は極力リアルでやりましょう。
感染対策を行い、ソーシャルディスタンスを保てば問題ありません。

今こそ優秀な人材を獲得するチャンスです!皆様の健闘祈ります!Good Luck!

とは言ってもリアルに合説は行われています。

元気がない今だからこそ装飾しよう。
100以上の事例を掲載しています。

 

ブースデザイン

オンライン説明会・オンライン配信なら



お気軽にお問い合わせください

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)